私は、”公益社団法人日本プロゴルフ協会”会員でティーチングプロA級資格を取得しております。

 ゴルフはサラリーマンの時に会社の先輩に薦められて(ほぼ強引に・・)始めたのがきっかけでした。

半年目で出費の痛いスポーツだと痛感いたしました。「このまま続けるのはキツイ!」と言うことで、1年だけ全力で練習して上達しなければ辞めようと決めていました。

 しかし、何故か1年後「79」のスコア(レギュラーティですよ(´∀`*))が出てしまい、すっかりはまってしまいました。

 そして、ある時、地元の市立体育館で行われていたゴルフフェアに、時同じくして始めた友人を誘って出かけました。そこで、ティーチングプロによる無料ワンポイントレッスンが行われるという事で、嫌がる友人の手を引き「折角だから、一緒に見てもらおう!」と50名程の椅子席に沢山の人が見ている中で、私から見てもらえることになりました。私は距離が飛ばせることを褒められ、オーバースイングを直すともっと良くなる事を教えて頂きました。

    そして、友人の番が来てクラブを持って構えたところで、「こんなグリップは駄目だ!これじゃ、まともに打てる筈がない!」と大きな声で注意を受けすっかり自信を無くさせてしまいました。注意を受けただけで、詳しくは何をするのか結局は分からずじまい。自分のせいで、あんなに楽しくゴルフの練習にも一緒に行っていたのに、その友人はクラブを握らなくなってしまいました。「こんなプロが居るのか?恵まれた環境でプロになり、教える仕事をしているにも関わらず!」と思い、「俺がプロになって教えてあげるよ!」「あんなプロ、プロじゃない!」そう言いました。

 供の頃、貧しくて諦めたスポーツ。「これなら30歳からでも教えるプロになれるかもしれない!」と思い、単身で千葉県に行き、派遣で何ヶ所ものゴルフ場のキャディーをやらせていただきながら、練習に励む毎日を8年続けてやっとの思いでプロになれました。あれから長い年月が経ちましたが、もうすぐ、その約束を果たす日が来てくれるかもしれません。そう信じて、より分かりやすく誰にでも伝わる教えを追及しています。

 

 30歳から目指した自分だからこそ、皆さんのわからない(+o+)?にお答えできます。


新規ゴルファーには、『分かりやすく当たる喜び』を。

既存ゴルファーには、『またゴルフが楽しくなる。』をテーマに!


2018年

A級資格取得

目標:何処よりも解りやすく、納得できるゴルフレッスン!

代表/ティーチングプロ A級

板東    繁一 

ばんどう  しげかず

ゴルフを始めた歳:28歳8ヶ月

得意クラブ:パター、8番アイアン 

血液型:A型

出身地:徳島県徳島市

PGA入会:2012年

誕生日:1972年11月7日生まれ

2018年PGAティーチングプロアワード優秀賞受賞

 

 私自身、幼い頃に分からない事を聞いた時、「何回言えばわかるのか?」と不機嫌にされ、怒らせるといけないと思い聞けなくなりました。学校の授業でも「何でわからないんだ?」「何がわからないんだ?」に答えることが出来ませんでした。

そうなんです、「分からない事自体が何か分からない」何をどう聞けば良いかさえ分からなかったんです。

 だからこそ、出来ない事を誰でもがわかり易く、感じることが容易にできる方法を追求しました。それが『初動負荷 体感スイングストレッチ』から生まれた「swing∞eight」スイングエイトなのです。熱血先生と言われることもありますが、悩まれている方と向き合い続けることが一番大事で、本人がゴルフ場で楽しくプレーが出来るようにしてあげることこそが生徒さんに還元すべき対価だと考えています。


初心者大歓迎!上級者の方も考え込むなら、是非、試しに来てください。

皆様のご来場を心よりお待ちいたしております。