シャフトのしなりについて知りましょう。

3枚目のポーズに、シャフトをしならせる動作をしようとしています。


ダウンでの両腕

ダウンでしなったシャフトは、ヘッドから先行するように戻っていきます。クラブフェースも打ち出し方向に向いたままシャフトは、しなり戻ります。インパクトでは、両腕とクラブヘッドがアドレス時と同じ位置関係に戻りインパクト現象が起こります。

 ダウン時にクラブフェースが開いた状態(右を向いた)でのしなりは飛距離のロスに付け加えて、スライス回転が強く右へ大きく曲がります。