5I⇒7I⇒9I⇒SWの順にご覧いただけます。

各番手ごとに、少しずつ最下点(赤線)とボールの当たる打点とが違うことが分かります。

自分の骨盤のズレから、自分に合った最下点に対するボール位置を見つけてアドレスを作りましょう。

 右利きの方の場合、右腕の筋肉が多い為、上半身は右に傾いています。肩掛けカバンなどは左に掛けないとずれ落ちるでしょう。それが証拠です。

また、上半身が右に傾くと上半身は右に僅かな捻りが入ったようになり、最下点は右にずれています。

ですから、最下点を示す赤い線に対してボールがどの程度(1/6、1/3、球半分位なのか)右にあると、安定したインパクトになるのかを見つけておくことが大切です。

それが、あなたの繰り返し何度でも上手く打てる、最下点に対する球の位置です。

 

 プロは常に同じ弾道や、思った高さに球が上がるようにクラブの入射角度とロフト角をコントロールしています。アマチュアの方は、先ず、通常のショットでは番手通りの高さで安定した距離が打てるようにしましょう。アプローチにおいては球を上げたいのか、転がしたいのかを決めてそれに伴った最下点に対するボール位置を決めましょう。

 

①球を上げたければ、最下点よりも左側に球を置くかクラブフェースを開くか決める。

②球を転がしたければ、最下点よりも右側に球を置きその後ろにクラブヘッドだけをセットする。