グリップ

上記の写真は、どちらもフォークを持っています。

違いを言うならば、

ハンバーグを突き刺した写真は「フォークを突き刺すために握り締めている」

もう1つの写真は「スパゲッティを巻き取る為の持ち方」

と言うふうに区別できます。

 

 握り締めたグリップ「スパゲッティを巻き取るようにしたい」と言われても、不可能なのです。

目的を持った持ち方がグリップであり、それをインパクト後まで維持し続ける事がゴルフでのグリップの役割です。

 「グリップは変えたくない!」と言われることが多々ございますが、目的が違えば持ち方が変わるためスイングの軌道も変わり、正しいスイングは出来ません。

これは、道具を使う場合の全てがそうなのです。全て目的を果たすための持ち方が正しいのです。

 ゴルフクラブの正しいグリップである、フェース面の向き、ライ角、ロフト角これらを維持し続ける目的のグリップを是非覚えてください。

 

下の写真を見て何がわかりますか?

どちらもクラブを持ったグリップですが、違いはそれぞれです。

 

①左の写真は、ライ角のみを支えているためロフトが固定されておらず、インパクト前にヘッドが走ってしまいダフリや、上がり際でボールの頭を擦ってチョロになりやすい持ち方です。

 

②一方、右の写真はロフト角だけを支えようとして、ライ角が固定されず、腕だけを振ってしまいヘッドが遅れてクラブフェースが開いた状態になりやすい。フェースの開きによるシャンクがでやすくなります。それを防ごうとすると、ヘッドだけが先行した強烈なフックボールを打ってしまいます。いわゆる、「ハンドファースト」を作っている状態です。

実際は、ハンドファーストと言われる形に見えるが正解です。


何故、ロフト角を保たなければいけないのか?

ロフト角とは、元々メーカーによって決められた各番手ごとの球の打ち出し角度です。

 通常のショットでは、アドレスで球を打ち出した時に設計上のロフト角になるようにセットする為、球に当たる手前の角度にセットする必要があります。やり方は人それぞれで、打ち出す瞬間がそのロフト角になるようにとか、球に当たった瞬間がそのロフト角になる為のセッティングを行います。

 決めたロフト角が、スイング中に変わるということは写真を見て分かるように、長さが変わる為ダフリやすくなります。

手元を止めて、ヘッドが先行するスイングではダフるのが当たり前なのです。

 そして、ロフト角をセットした時にグリップ側がヘッドよりも飛球線側にある状態になったものをハンドファーストと呼びます。結果としてハンドファーストになるのであって、ハンドファーストを作りたいとか、ハンドファーストにするではないのです。

 自分の求めるロフト角にした結果、ハンドファーストと呼ばれるスタイルに見えると、言う事なのです。


何故、ライ角を支え続ける必要があるのか?

全体的な傾斜だけではなく、球の止まっているライだけが傾斜が付いている場合があります。上の写真のように、黄色い部分が打ち込まれて凹みが出来た部分です。

 黄色い部分の右寄りはトゥアップ、左寄りではトゥダウンにリアルライ角(実際のライに対する斜度)を合わせているでしょうか?

 

 

 トゥ側が上がれば、シャフトがフラットになり、長さを長く持つか膝を曲げてヘッド位置を下げるようにする必要があります。

 また、トゥが上がると球は目標より左に打ち出される為、そのぶん右方向に向き打ち出す修正を行う必要もあります。(ヒッカケ)

 トゥ側が下がれば、シャフトがアップライトに立ち、長さを短く持つようにする必要があります。また、トゥが下がると球は目標より右に打ち出される為、そのぶん左方向を向き、打ち出す方向修正を行う必要もあります。


 

 どちらも、インパクト後の4時のポーズまでそのライ角を維持したまま腕を振らなければ、ダフリやトップに繋がります。