スイングの軸の存在を知っていますか?

 

 ゴルフの上手な人はこの存在を意識せずとも、残り距離を打つクラブを持ちクラブの3つの角度を決めながらアドレスに入ると、無意識に決定されています。だからこそ、知らないと打てなくなってしまう事態に陥ることになります。本来なら、無意識にできていることなのですが、実は自分でそれを出来無くしてしまっています。

 

 その原因は、練習の仕方にあります。

  1. 飛ばすことばかりを考えて練習していると、①の首の付け根の軸ばかり使うため、飛ばさないアプローチなどまで同じ軸を使い苦手になってしまいます。
  2. 軸の存在を知らないで、アプローチばかりを行っていると②の腰の付け根からの軸を使うことしかできなくなり、飛ばない軸を使って一生懸命スイングしてしまいドライバーが飛ばないことが悩みになります。

 長さのある飛ばすクラブや、フルショットで距離をしっかり打つ場合は無意識にこの軸を選択し、最大半径を長くした状態の腕を振ろうとします。

 短いクラブになると、クラブの長さに応じて軸は低い位置に自然となり、また、短い距離を打とうとすると同様に軸の位置は、体の中央にある背骨に沿った低い位置になります。

自然とクラブも短く持ちたくなります。



 つまり、ドライバーの首の付け根の軸から、サンドウェッジでの腰の付け根の軸にまで下がってくるという事です。クラブ毎の軸の位置を覚えるなんて難しすぎます!感覚って凄いものなのです。

しかし、ここではそれを簡単にまとめることをお教えします。

 

①、飛ばすクラブや、フルショット時は最大半径の首の付け根を意識しましょう。

②、パターやアプローチなどのかなり距離を抑える場合のスイングは、腰の付け根の軸を使ったクラブを持った腕での最小半径のスイングを意識しましょう。